ソーシャル・ネットワーキング・サービスについて 鈴木智子のホームページのアクセスアップ SNS講座

ホームページを持ち、SEO、SEMで検索エンジからの集客が出来るようになりました。
そもそも、SNSは、2000年代の初頭からありました。しかし、何故、2012年の今頃になって騒がれ始めたのでしょうか?
それは、2011年3月11日の東日本大震災で日の目を見たからです。電話、電気などのインフラが壊滅状態でありながらも、ネットさえ繋がれば、リアルタイムに情報が伝達する事が出来ました。その時に活躍したのが、twitter(ツイッター)です。twitterにより多くの命が助かりました。また、違法ではありますが、NHKの放送をUstreamで配信し続ける事により、TVが無くとも、ネットにさえ繋がれば、NHKの放送を見る事が出来ました。

同じ年の夏、映画facebookが公開され、facebookが日本でブームとなるきっかけを作りました。
更に2011年9月にはGoogle+が一般公開され、AKB48のメンバーがGoogle+を利用し始めました。
2011年は、日本において、SNS元年と言っても過言では無い年となったのです。

そして、米ニールセンの調査報告(2011年)によると、ホームページへどのようにして到達するかは、検索エンジンからが1位で約60%、SNSからが2位で約30%となっています。
今後もスマートフォンやタブレットの普及により、この比率は高くなってゆくと思われます。
つまり、今後のWebマーケティングは、SEOやSEMだけでは駄目なのです。

では、次に「SNSとは?」で、SNSについて解説しましょう。

follow me