和歌山県那智勝浦のマグロ TUNA×TUNA

こんにちは、西です。以前もご紹介しました弊社でSEOを担当しております、 和歌山県のマグロポータルサイトTUNA×TUNAさんのご紹介です。  今回は、那智勝浦とマグロの関係性について書いてみたいと思います。

マグロ専門ポータルサイト TUNA×TUNA(ツナつな) 

ツナつなさんは、和歌山県那智勝浦町の一般社団法人勝浦まぐろブランド推進協会が運営されているマグロ専門ポータルサイトです。

和歌山県と言えば、海に面しており海産物が豊富ですよね、特に『紀州勝浦産生まぐろ』は、100%はえ縄漁船による天然まぐろです。漁獲されたまぐろは、一本一本丁寧に活け締め処理し、船内において冷水保存(氷温)することにより、新鮮さと品質を保ったまぐろです。

漁業者の長年の努力と研究により品質保持され、仲買人の厳しい選別による選りすぐられたまぐろは、 まぐろ専門家や消費地では、非常に高く評価されています。

和歌山県の勝浦漁港

勝浦漁港のある那智勝浦町は、那智山の門前まち那智町と、温泉と漁業のまち勝浦町、さらに宇久井村・色川村の4ヵ町村が合併し、昭和30年4月に誕生いたしました。その後昭和35年1月に下里町、太田村が加わり現在の姿となっています。紀伊半島の南東端に位置し、気候温暖にして、風光明媚、雄大な自然に恵まれ暖かさ、豊かさ、厚い人情が溢れる町です。

そして、

まぐろ延縄漁法による生まぐろの水揚げ日本一

勝浦市場には上記の4種類が水揚げされるそう。 勝浦では、本まぐろ以外は周年水揚げされますが、どの種類も冬場の方が脂がのり美味しいと言われています。

マグロポータルサイトのツナツナでは、 マグロの種類ごとの旬について紹介しています。

『マグロにも旬がある?!』 https://portal.maguro-yamasa.com/archives/2072

那智勝浦のマグロを愛する、水産業を支えている漁師の方たちや働く皆さんを応援している記事もご紹介しています。
マグロ屋さんが目指す「100年後もマグロが食べられる社会」https://portal.maguro-yamasa.com/archives/1872

紀州勝浦産生まぐろ

生まぐろの水揚げが豊富な那智勝浦では、新鮮な生まぐろが宿泊所や料理店・家庭に並びます。
 また、まぐろはそのおいしさだけでなく、近年注目される成人病に有効なDHAやEPAを豊富に含んでおり、健康にも大変よい食材です。

また、【ツナ活】といってマグロの魅力を伝えるツナ娘さんが那智勝浦の観光や、絶景スポットも紹介しています。
マグロに合うわさびなど、ほっこりする動画を発信しています。

ポータルサイトでは、より和歌山のマグロを全国に知ってもらいたい。という願いが込められていて
愛が溢れてます。

とにかくマグロ好きにはたまらない情報満載のサイトです。
是非、和歌山県のマグロに興味のある方はTUNA×TUNAさんを是非チェックしてみてくださいね。