Google AdWordsの利用

Google AdWords(アドワーズ)とはGoogleが提供しているリスティング広告です。
ユーザーがGoogleでキーワード検索したときにキーワードに関連したテキスト広告が検索結果ページの右横および上部(検索結果1ページのみ最下部も)に表示されます。

試しにGoogleで「中古車」と検索してみてください。下記のような画面が表示されるはずです。
赤い枠で囲んだ「スポンサーリンク」がAdWords(アドワーズ)の表示欄です。


Google AdWords(アドワーズ)はリスティング広告ですから表示されただけでは料金は発生しません。
あくまでユーザーがクリックした場合のみ広告料が発生します。
広告内容や広告予算の設定はGoogle AdWordsにログインすれば変更できます。

Google AdWords(アドワーズ)の特徴

変化する掲載順位

スポンサーリンクの表示順。実はこれにも競争があります。
AdWords(アドワーズ)はキーワードごとに入札が行えるオークション形式ですが上限クリック単価が高いだけでは上位に表示されません。
ユーザーの検索行為に連動して表示される仕組みになっており「入札単価+広告のクリック率」で掲載順位が決定されます。

つまり「入札価格は低いが多くクリックされる広告」が「入札価格は高いがクリックされない広告」よりも上位に表示されることもあるのです。
「お金が全て」ではないので広告予算の少ない中小企業でも工夫次第で掲載上位を狙える可能性があります。
ただしサービスにマッチしたキーワードの選定やユーザーに興味を抱いてもらえるようなテキストは簡単に出来上がるものではありません。ユーザーの動向のチェックと分析が必要になります。
これがアドワーズの難しさと言えるのですが与えられたチャンスを活かすためには努力も必要です。

複数の広告文(テキスト)をテスト可能

AdWords(アドワーズ)ではひとつのキーワードに対して複数のテキスト広告を設定できます。
例えば「中古車」に対して「全車保証付き!簡単比較!」と「買取査定無料!」などの異なるテキストを設定できるわけです。
この機能を利用すれば広告効果の比較が簡単に行えるのでより効果的な広告につなげることができます。

パートナーサイトに表示されるアドセンス(Google AdSense)

Google AdSenseとはGoogleのパートナーサイトのコンテンツに合わせた広告をWEBページに表示させるコンテンツ連動型の広告です。
パートナーサイトはGoogle提携先の大手ポータルサイト(goo@niftyなど)などのメディアや個人のサイトブログなど多岐にわたります。特にブログの広まりによって掲載サイトが急増しますます露出が高くなりました。
スポンサーリンクと同様にアドセンスも「サイトのコンテンツに合わせた広告」が表示されるため対象をしぼった広告を展開できます。

Google AdWords(アドワーズ)とGoogle Analytics(アナリティクス)

Googleが提供しているアクセス解析ツール「Google Analytics(アナリティクス)」はGoogle AdWords(アドワーズ)と連動させることが可能です。

Google Analytics(アナリティクス)の使用方法などについては「GoogleAnalyticsについて」をご覧ください。

Yahoo!JAPANリスティング広告の利用」に進む
リスティング広告」に戻る