一般社団法人金属アレルギー協会

こんにちわ!西です。
本日は弊社がSEOを担当させていただいた一般社団法人の金属アレルギー協会をご紹介したいと思います。

金属アレルギー協会とは?

病気やアレルギーに悩むことなく快適に過ごし、すべての方が輝ける社会を目指して、金属アレルギー協会では正しい知識を皆様にお伝えしていきます。
金属アレルギーに関するリスクやメカニズムをアドバイスする人材育成も行っています。

そもそも金属アレルギーって?

金属アレルギーは、その他のアレルギー同様、誰でもいつでも発症をしてしまうリスクのあるアレルギーです。ただし、発症については「自分である程度注意ができる」アレルギーのうちの一つでもあります。

歯医者の治療でアレルギー?

金属アレルギー協会では、歯科における1番の金属アレルギー対策は「口腔内環境を整え、虫歯を作らないようにし、金属製のものを口腔内に入れない」事だと考えています。

メタルフリーでの治療を心がける」事が大事で、保険診療の範囲内でどのように金属アレルギー対応をしていくか、という部分にフォーカスして情報をお伝えしています。

金属でかぶれる?

人のさまざまなアレルギーの中で、ものが肌に触れたことによる皮膚の炎症を接触皮膚炎といいます。例えば、トイレ掃除用の激しい薬品や硫酸などの化学薬品が直接肌に触れると、急激に皮膚に炎症を起こします。これを刺激性接触皮膚炎といいます。また化粧品、洗剤、塗料、皮革、金属イオンなどに徐々に反応して炎症を起こすことを、アレルギー性接触皮膚炎といいます。 アレルギー性接触皮膚炎の原因が金属の場合を金属アレルギーと呼びます。 激しい薬品に触れた場合の刺激性接触皮膚炎は、ほとんどの人が急激な炎症を起こしますが、アレルギー性接触皮膚炎は、アレルギー反応を起こす人にのみ発症しますので、二つには大きな違いがあります。

虫歯の治療が金属アレルギー?

歯科金属による金属アレルギーでは、「全身のかゆみ」「口の中の粘膜が荒れる」などの症状が起こり、
溶け出した歯科金属の金属イオンが全身に広がってしまいます。
この場合、対処として有害な金属を口の中から取り除き、無害なものへと交換しなければなりません。

つまり、詰め物の素材を金属アレルギーが起こらないものに交換するのですが、
選択肢となるのは、「金属以外の素材の詰め物」「金属アレルギーが起こりにくい金属の詰め物」の2つです。

金属アレルギーと詰め物の素材について

1. 歯科金属アレルギーの症状と対処 :非金属の素材、もしくは金属アレルギーが起こりにくい金属で対処する
2. 金 :金属だがイオン化しにくい。自由診療になるため、現在ではセラミックを希望する人が多い
3. レジン :歯科用のプラスチック。金属より目立たないが審美性は高くなく、保険診療のため費用は安い
4. チタン :生体親和性が高い。あくまで素材は金属のため、審美性は低い
5. セラミック :審美性が高く、二次虫歯になりにくい。自由診療だが、費用が安めのタイプもある
6. 保険診療のセラミック :被せ物に限定・ハイブリッドセラミックに限定など、いくつかの制限・基準がある

これら6つのことから、金属アレルギーと詰め物の素材について分かります。

「健康」に焦点を当てた歯科治療を金属アレルギー協会は推奨

銀歯で治療した部分に虫歯菌が入り込み、一見、外から見ると何でもないように見えますが、銀歯を外してみると中が虫歯になっていることがあります。

銀歯とご自身の歯の間にある「隙間」から虫歯菌が入り込み虫歯を内部で進行してしまった場合、再治療になることで、最初よりも大きく歯を削ることになり、どんどんご自身の歯が少なくなっていきます。最初から再発を防ぐ取り組みをしっかりしていればこうなることを防げたかもしれません。

また、次の画像はお口に入れた「金属」の詰め物・被せ物が原因で「金属アレルギー」になってしまった症例です。

金属が肌に触れることで、かゆみが出たり皮膚がかぶれたりする「金属アレルギー」。
対策として金属製のアクセサリーを身につけない方もいらっしゃると思います。
しかし金属アレルギー症状は、金属が肌に触れることだけで起こるものではありません。
金属の詰め物や被せ物が溶け出し、体内に取り込まれることでも起きてしまいます。

また、この金属イオンが歯茎に沈着し見た目を悪くしてしまう事もあります。それが下の画像です。